とある岩場(仮称:SCRボルダー)開拓記 Day6

Day6(朝活)

朝7:30頃到着。この日は前回撤退したラインと右上へのラインを登ろうと思い来ました。そしておそらく最終日でしょう。

まずはアップがてら②の上部マントル部分にホールドがあるかどうか確認することに。ブラシで苔を落としながら見てみるがやはりない・・・。結果的には登ったのですが、①の上部と同じラインになり解せない感じになってしまいました・・・残念。体感グレードは①と同じくらい。そしてもう一つ残念なのは、③のラインの2手目で使う想定だったカチが吹き飛んでしまった・・・。②のラインなんてやらなきゃよかったと後悔。

気を取り直してずっと登れてなかった右上へのライン(③のライン)を登ることに。とりあえず吹き飛んだカチ部分のムーブを練り直したがだいぶゴリ押しになってしまう想定。一旦それで行くとして怖いのは上部。ある程度苔を落とし上部の確認をしたいが高くてバラすことすらできない。とりあえずもう現場処理で行くことを決意し1便目でなんとか完登。上部のスラブ部分は予想通りもがき苦しみました。体感1級くらい。

ひとまずここのエリアは個人的に満足したので良いかなと思いました。まだ登れるボルダーやラインもあると思いますがそれはまた気が向いた時に登りたいと思います。一区切りついたので後ほどアクセスや課題等を纏めたいと思います。それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です