とある岩場(仮称:SCRボルダー)開拓記 Day4

Day4(朝活)

朝7:00頃到着。寒いが1月や2月に比べればまだ我慢できる。

この日はDay3でやらなかったSDスタートの課題とDay1で触ったボルダーの右上へのラインのどちらか、できればどちらも終わらせたい日です。ひとまずDay1のボルダーの掃除が全くと言っていいほど気乗りしないので、SDのボルダーを先にやることに。

アップしながらSDスタートから棚に上がるムーブを考えていたのですが、どうも川側のスラブ面が気になってしまい、面白そうだったのでまずそちらをやってみることに。(③のライン)スラブは苦手なのですが何となくこれはできるかもという根拠のない自信がなぜかこの時はありました。ひとまずスタートできそうなホールド探して頑張ってましたが離陸できない。。。最終的に右手1本指ポッケ、左カチで離陸。個人的核心はこのスタートとマントルでした。体感グレードは1級くらいあるかも。かなり楽しめた良い課題でした。とりあえずブラッシングして本題のSD課題へ。

SD課題(④→②のライン)の個人的な核心は右手どり(②のスタートホールド)と、そのあとの足を棚にあげるところでしょうか。脛や膝をぶつけながら試行錯誤すること数トライ。Time Limitもせまる中、ラストと決めたトライで何とか完登。これは嬉しいトライでした。まさか登れると思わなかったので思わずマントル返した直後に声が出ました。パワフルかつテクニカルな感じのラインで良い課題でした。体感1級〜初段くらい。

結果、この日はスラブをやってしまったのでDay1のボルダーを全く触ることは出来ませんでした。次回は掃除からスタートですね。また今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です