神流川 魚尾ボルダー

2020/06/21(日)

県外への移動自粛も解除されたことですし、

少し高さのあるボルダーを登りたいと思い、

丸岩ボルダーを最初は目指していたのですが、

この日はあいにくの雨。

行ってみたところ、登りたかったボルダーのラインは染み出しがひどい。

拭いても拭いても厳しそうだったので、数トライで諦め、

別のボルダーを探しているところで、魚尾ボルダーを思いつきました。

路肩に車を止め、ボルダーに行ってみると、まぁ濡れてること…。

ただ、なにも登らずに帰るのも何だったので、上部がスラブになってる高さのあるボルダーを登ることにしました。

画像を見てもわかる通りなのですが、岩の下に小川が流れており、

左岸と右岸の間に岩があるという面白いボルダーなのです。

落ちれないスリルを味わいたかったので、ちょうど真ん中のラインを登ることにし、

いつにも増した落ちられない緊張感と、雨と、なぜかスタート位置にハチの巣という恐怖と濡れた岩で、いいトライができました。

自分はスラブが苦手なので、なおのこと緊張しましたが、登れてよかったです。

他にも登れそうなボルダーが2~3個ありそうだったので、

次は晴れたときに来てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です