祝!自粛解除

2020/10/31(土)、家族の許可が得られたので1日ボルダリングできるというワクワクが止まらない日。

前々から三峰へ行こうとは思っていたので、1日あるしせっかくだから三峰ボルダーの前に色々と寄り道しながら行くことに。

前日から色々とプランを考えていたが、最終的には以下のようなプランに落ち着く。

  1. 栗谷瀬橋ボルダー
  2. 丸山鉱泉ボルダー
  3. 三峰ボルダー

まずは栗谷瀬橋ボルダーでアップを兼ねて開拓。

トポと以前の投稿はこちら。


以前からいい感じの岩を見つけてたのでそこへ直行。

雑草を鎌で刈りスペースを確保して、改めて岩を見てみる。

左側のカンテ部分は登れそうで、その他は意外とホールドが乏しい。

とりあえず今日はこの後も予定があるので、いったんカンテ部分だけを登ることに。

岩名は前傾フェイス部分が焼いた煎餅みたいだったので煎餅岩としました。

カンテ部分はホールドも全てポジティブで登りやすかったです。

ただ、後ろにすぐ岩があるので注意が必要です。あまりダイナミックな動きは避けた方がいいと思います。

完登動画はこちら。

ひとまずアップ終了ということで次のボルダーへ移動しようとしたら、登れそうな岩を発見。おそらく今までは水没していたのでしょう。

パッと見てそれほど難しそうではなかったので、登ってみることに。

なんとなく「T」の字に見えることから、岩名はT字岩。

課題はT字の縦の付け根からSDスタートしてマントル返す。

意外と足の置き場所は重要かも知れませんが分かれば登りやすいと思います。

ただ、下地はあまり良くないのでマットはあった方がいいと思います。

完投動画はこちら。

さぁ今度こそ次のボルダーへ。

トポの更新は後日行います。(他にも課題追加できそうなので)

次は丸山鉱泉ボルダー。以前行った時からだいぶ経ちました。

前回見た時にあまり掃除することなく登れそうな岩をまず見ることに。

見てみるとチョーク跡があったので一安心。課題名は「粋蕎(いっきょう)」というらしい。

スタートが今まで自分にはなかった独特なムーブだったので新鮮でした。

サイファーからの左手寄せでムーブが荒れたのが個人的に悔やまれますが、1撃は逃したくなかったのと、痛めている左手首の寿命が心配だったので、降りずにそのまま登り切ってしまいました。

まぁ登れたので良しとします。完登動画はこちら。

ただ、このサイファーで左手首の寿命がホボ0に。。。ちゃんと治さないとダメですね。

掃除をして本命の三峰ボルダーへ向かうことに。

三峰ボルダーに到着したのが大体9:30くらいで登り始めたのが11:00くらい。

まず三峰ボルダー着いて思ったのは「アプローチの山道めっちゃ辛い」です。

原因は今までアプローチに困った事ない岩場ばかり行っていたからです。仕方ないですね。

とりあえずお初のボルダーなので岩場を散策。

終始楽しそうなボルダーばかりに興奮して、写真撮るのをすっかり忘れました(笑

本日登りたいと思っていた課題を挙げると、、、

  • さかり(二段)
  • 涼しいマントルSD(初段)
  • 春と修羅(初段)
  • リガルマ(1級)

ですが、よく考えてみると初段の2つはこの左手首じゃ無理。。。

さかりは先客が居て人見知りな自分には厳しい。というのは嘘でそもそもこの左手首で二段なんて登れません(涙

という事で、ここからはエンジョイボルダリングに切り替え、登れそうな&左手首に影響なさそうな岩にラインを引いて片っ端から登る事に。

そしてそれが思いの外楽しかったです。三峰ボルダーはトポ に載ってない課題でも十分に楽しめるし、「ここのボルダーポテンシャル高い」と思いました。そしてグレード関係なく岩登りは純粋に楽しいと改めて思いました。

そんな中でもリガルマは1撃したり、個人的にスラブは超苦手なのですがミミズルート(2級)というスラブの課題を1撃できて嬉しかったです。(まさか登れると思ってないので動画撮り忘れた)

リガルマという課題の完登動画はこちら。

そんなこんなで結局16:30くらいまで登りました。左手首が治ったらまた来るかなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です