皆野 栗谷瀬橋ボルダー

2020/06/05(金)

今日は前回と同じく橋の下 鼻岩で右側に進んでみようと思います。

前回の左抜けのスタート位置より一つ下からスタートし、

右のリップを登り、あとはスラブ面の右側を登るという感じ。

スラブは苦手です。

リップはあまり上に行き過ぎると岩にあたってしまうので、

切りのいいところでマントル返します。

スタートは左手はガバ、右手はスローパで挟むように持つ。

1手目がかなりパワフルですが、しっかり足使えれば大丈夫。

最近パワフルな課題ばかりだな…(リハビリになっていない)

リップも足と体をうまく使って行けば問題なし。

とてもいい課題だった。

完登動画はこちら。

2つ目の岩(橋の下蛇岩)

鼻岩の右にある岩です。

岩名の由来ですが、アップでこの岩を登りトップアウトしたところ、

子供の蛇に遭遇したのが岩名の由来です。

この岩の特徴は2つあります。

1つ目はよく滑ることです。

荒川の水に揉まれたのでしょう。

カチが滑らかで指に優しいです。

2つ目はホールドがシワのように並んでいることです。

さながらキャンパスラングが並んでいるかのように、

岩の中央から左上にかけて並んでいます。

今回はそのキャンパスラング(ではないですが)を使って登ってみました。

とてもいいトレーニングになりました。

朝一トライだったのでだいぶ雑ですが、完登動画はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。