トレーニングボルダー

最初にこのボルダー を知ったのは7月上旬でした。

梅雨時期でも登れるボルダーを求めてボルダー探しの旅に出てた時でした。

実際、雨で外岩は登れないのはわかっているのですが、子供3人の子育てをしながらのクライミングだと、夕方からジムでトレーニングするのはほぼ不可能であり、朝の早い時間を利用してのボルダリングしか、自分にはトレーニングする術はないので、なんとしてでも探そうと思いました。

逆にトレーニングと割り切れば、雨でも登れます(笑

別に完登を目指すわけではなく、悪いホールド(濡れてるのでガバでも悪いです)をひたすら保持るだけでも、十分トレーニングになると思ってましたし、実際のところいいトレーニングになりました。

さて、このボルダーですが大きさは3メートルくらいですが、上部がスラブなので実質2メートルくらいです。雨でのトレーニングであれば、高さはあまり必要ありません。むしろちょうどいいです。

さて、トレーニングにちょうど良さそうなラインを見つけました。カンテ部分に足も指も鍛えられそうなラインがありました。(体感2級くらい)

完登動画は8月下旬のものです。初めて登ったのは7月中旬だったと思いますが、動画撮ってなかったので再登しました。

ゴール手前の右カチが綺麗な形をしてなくてホントに悪いです。悪いというか痛いです(笑

悪い右カチを保持しながら左のガバカチを取り、左を効かせながら左足を上げてから左を出す。ここが非常にいいトレーニングになりました。

もちろん下部も脚で挟み込んだりかき込んだりといいトレーニングになりました。

濡れてなければ何てことないムーブでも、岩が濡れてると何もできないので、濡れてても登るにはどうしたらいいかすごく頭を使ったのが楽しかったです。

川側にもカンテ部分に面白そうなラインを見つけたので登ってみました。(体感3級くらい)

フットホールドも程よくあるし、手もそんなに悪いホールドはなく気持ちよく登れます。

ただ・・・下地が悪いのでマットは敷いたほうがいいです。

1手目とかミスるとゴロゴロと転げ落ちます(笑

それと、石がフラッギングの邪魔しますので注意が必要です。

あと、SDもやってみました。

それと、既に川側の未解決課題は投稿済ですが、梅雨時期は触る気にもなりませんでした。

パッと見て難しそうだったので、梅雨明けから着手しようと思い、着手後結局Day4(1日1h程度)かかりました。

他にもラインはあり、この岩だけでも十分楽しめますが、他にも2つほど登れるボルダーがあるようです。

この辺りを通る際には是非寄ってみたら楽しめると思います。

2 Replies to “トレーニングボルダー”

  1. 地域のものです。
    このように地名を明らかにするのは、やめていただきたくお願いいたします。

    1. ご連絡いただきありがとうございます。
      この度は大変失礼いたしました。
      タイトルについて変更させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です