キョウケイシャ課題

直近数ヶ月の間で登った特に印象的な「強傾斜課題」を挙げていきたいと思います。

今回は3つ。

まず1つ目の課題は、東秩父村にある白石ボルダーです。

課題名は「しいたけ」。グレードは初段〜二段。

自分が初登者であれば間違いなく二段って言い切ります(笑

場所はこちらのサイトを参考にしていただければと思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~ca7s-kbys/jp15/shiroishi1.pdf

確か自分はリーチがないので2手目は初登者様が使ったホールドよりも1つ内側にある薄カチを使わせてもらいました。

なるべく右に寄らずに正面突破を心がけて登った記憶があります。

パッツンパッツンの中で心地よい指への負荷と脚を使ったムーブが好きです。

右手はどガバばかりなので持ってしまうと体が右に寄ってしまうのでうまく脚を使って調整するのがコツかと思います。

完登動画はこちら。

2つ目の課題は、ちょっと場所はまだ公表できませんが以前記事にしたボルダーです。

以前の記事はこちら。

課題名は「カジカSD」。グレードは初段。

難点としては基部に岩があってムーブが制限されることでしょうか。

でもそれがかえってスパイスになって楽しかったです。

乱暴なムーブだと基部の岩に当たってしまいます。

と、色々言ってますが個人的な核心はマントルでした(笑

狭いうえにホールドの向きがいやらしかったです。

完登動画はこちら。

3つ目は、3つ目も以前記事したボルダーです。

以前の記事はこちら。

以前紹介したラインは置いといて、今回は別のラインです。

真ん中のサイドガバからスタートして右上に抜けるラインです。

課題名は「ビターココナッツミルクSD」。グレードは3級。

場所についてはまだ公表していませんが、そのうち公開しようと思います。

前回来た時もそうでしたが、今回も変わらず濡れてました。

ホントここのボルダーは乾かない可能性が高そう(笑

課題はというと、核心は2手目だと思われます。

やはり強傾斜で正体にさせられてからの1手はなかなか痺れます。

ちなみに2手目のホールドはカチです。

それと1手目も自分のリーチ的にパッツンだったので体幹にきます。

完登動画はこちら。

3課題とも登った時ボルダーは濡れていました。

決して濡れてるボルダーが好きなわけではありません(笑

それと強傾斜課題ばかり登ってて強傾斜好きかと思われそうですが垂壁好きです。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です